食と健康

食の安全、食品添加物の現状、健康な生き方、 オーガニック有機栽培の情報

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

有機野菜の危険性

有機野菜は安全⁈

多くの人が、有機栽培であれば「安全」だと思われているのですが、現実はそうではありません。
有機野菜が危険と言ってるわけではなく、有機野菜全てが安全とひとくくりにしてしまうと真実は見えてこなくなります。

有機野菜には、化学肥料を使わないかわりに、有機肥料が使われています。
有機肥料として主に使われるのは、動物性肥料の鶏糞、豚糞などです。これらが醗酵し、有機物が微生物によって完全に分解されたものは堆肥となり、完熟堆肥と呼ばれます。
しかし完熟堆肥にするには手間や時間がかかるため、醗酵が未熟な堆肥などを畑にまいている農家が実際にあるそうです。

そして、堆肥になる糞をする牛や鶏、豚などの家畜は、狭い場所で大量に飼育するために、抗生物質を与えられて育てられています、
抗生物質が土や植物に悪影響を与えることも考えられます、
さらに肥料を使い過ぎた野菜は硝酸態窒素 を多く含みます、
やたらと青々としたほうれん草や小松菜などは硝酸態窒素を多くふくんでる可能性があります。
硝酸態窒素 は発ガン性物質ですので極力控えておきたいです。

どんな有機肥料を使用しているか、どれだけ肥料を使っているかが問題となってきます。

有機肥料のもう一つの問題点は産業廃棄物を堆肥化していることです、添加物まみれの食品の廃棄物から作られた堆肥で育った有機野菜、私は遠慮したいです。


有機野菜、オーガニック、マクロビオティック、自然派、天然、無農薬、無添加…
このような言葉の持つイメージに騙されることなく、本物の食材を手に入れるためには、生産者や製造している人と繋がりを持つのは大事な事だと思います。

『どんな人が、どんな考えで(思い)で作ったか』を知ったうえで買う事は大切だと思います。


ちなみに私は野菜作りにかんしては全くの素人です、あとはご自身で判断してください…

スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

プロフィール

そら豆くん

Author:そら豆くん
1972年生、京都在住のもとおでん屋さん
6年前にホメオパシーと出会い健康について考えさせられる、その後より深く学ぶ為ホメオパシーの学校RAHに入学、4年間の学校生活を経て2011年JPHMA認定(NO,0659)ホメオパスとなる
15年間のおでん屋生活にピリオドをうち、
現在、食の安全などの発信基地となるべく自然派カフェそら豆を2012年3月に開店、自然療法や食養生について勉強の日々をおくってます。

京都府宇治市六地蔵町並46ー10
 自然派カフェ『そら豆』
Phone0774-32-8804

最新記事

右サイドメニュー

お天気BOX










ブロとも申請フォーム

カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
グルメ
2932位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
オーガニック
50位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。