食と健康

食の安全、食品添加物の現状、健康な生き方、 オーガニック有機栽培の情報

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リンゴからイチゴジャム


リンゴが杏ジャムやいちごジャムになる⁈

リンゴ農家にとって秋の収穫シーズンの台風は最大の心配事です。ところが、風が吹けば桶屋が儲かるではありませんが、この時期になると毎日ウキウキしながら、天気予報を見ている人たちもいます。一部のジャム業者さんです。彼らは、台風がリンゴ産地の長野県や青森県を襲うことをひたすら祈っているそうです。台風が直撃しそうだとなれば、すぐさまトラックで現地に向かいます。狙いは台風で落ちたリンゴで、売り物にできない落ちリンゴを、タダ同然の安い値段で買い取るのです。

買い取られた落ちリンゴは、イモやデンプンを入れて粘り気を出し、リンゴジャムだけでなく、アンズジャムやイチゴジャムに化けます。上手く化かすためには、多くの食品添加物の力が必要となります。

台風で落ちたリンゴがリンゴジャムならまだしも、
アンズジャムやイチゴジャムに化けてしまうなんて驚きですよね。

正に食品添加物様々です。

こうして作られたイチゴジャムは食品添加物のてんこ盛りです。



そんないちごジャムをつくるために必要な添加物。

固めるために…塩化カルシウム

着色に…タール色素の赤色102号、黄色4号

イチゴの匂い…合成香料のイソ吉草酸メチル、プロピオン酸イソアミル

甘み…ソルビット

利水防止…シュガーエステル

変色防止…エリソルビン酸

粘り強化…CMC(繊維素グリコール酸ナトリウム)、アルギン酸、プロピレングリコールエステル、リン酸エステル

防腐…ソルビン酸

これだけの化学物質が入ったジャムを食品とよべるのか疑問です。

これだけたくさんの食品添加物が使われているのは、イチゴジャムに限った話ではありません、
スーパーやコンビニで売っているほとんど商品があてはまります、
買うまえに原材料を確認してください、実際の商品とは関係のないモノがたくさん入ってることと思います。

日本でのがん患者は年々増える一方です、添加物まみれの食品を毎日食べ続けて、健康な身体を手に入れるのは不可能でしょう、

食品添加物を避ける生き方の第一歩は手作りです。

引用元
【参考】食品のカラクリ 別冊宝島
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

プロフィール

そら豆くん

Author:そら豆くん
1972年生、京都在住のもとおでん屋さん
6年前にホメオパシーと出会い健康について考えさせられる、その後より深く学ぶ為ホメオパシーの学校RAHに入学、4年間の学校生活を経て2011年JPHMA認定(NO,0659)ホメオパスとなる
15年間のおでん屋生活にピリオドをうち、
現在、食の安全などの発信基地となるべく自然派カフェそら豆を2012年3月に開店、自然療法や食養生について勉強の日々をおくってます。

京都府宇治市六地蔵町並46ー10
 自然派カフェ『そら豆』
Phone0774-32-8804

最新記事

右サイドメニュー

お天気BOX










ブロとも申請フォーム

カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
グルメ
2507位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
オーガニック
39位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。